読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DJ chefの工務店日記

元コックの工務店マンの日々をBroadcast

田中さんとのご縁no.001

  • f:id:osmh74:20170328014323j:plain

(「羽田の家」20170121設計施工:田中工務店

つづいて建築|ω・)チラリズム!でお世話になった田中工務店・田中さんとのご縁はさかのぼること2004年だったか・・・

僕もまだ建築業界に入って日も浅く、年端もいかないガキだった頃の話・・・

とある会議の最後の質疑の時間に、その時間に聞いたからといってどうにもならないことをネチネチ責める工務店の親父がいました

その頃の僕でも「いい加減にしてくれよ・・・」と思うほど、ひどい内容に呆れていましたが、その時に田中さんが「そんな話、今しても仕方ないじゃないですか!』とハッキリ言ったんですね!

会議が終わって、四谷の駅に向かう道すがら、田中社長を見つけ出し、声をかけたのが田中さんとのファーストコンタクトでした

その後、僕の建築人生最大の選択だったといえる「伊礼智設計スクール」に申し込んだのも「東京町家」(田中工務店+相羽建設+創建舎+伊礼智)の取組が輝いて見えたからでした

なかでも「江戸川ソーラーキャット」「町角の家」など田中工務店さんが手がけた住まいの施工精度は素晴らしく、感動を覚えました

田中さんは伊礼智設計スクールにもボランティアで講師を買って出てくださり、施工に関する苦労や工夫について現場経験に基づいて解説をしてくれました

あの頃、まだまだひよっこだった僕にとって田中さんのすべてが憧れの的でした

初めてお会いしてから13年くらい経ちますが、田中さんとの出会いには感謝してもしきれない特別なものです

田中さんの話はエピソードが多すぎるので、何回かに分けます!

f:id:osmh74:20170328015232j:plain

伊礼智設計スクール第1回目の懇親会はなんとSalvatole Cuomo!

僕が働いていたイタリアンのお店のチェーン店という嬉しいオマケでした

20080819当時の僕は32歳、伊礼さん47歳の写真

伊礼さんの隣に写っているのがインターンできていた小倉ちゃん(のちの伊礼智設計室のスタッフ)

そして小倉ちゃんの同期生もその後富士ソーラーハウスのスタッフになりました

田中工務店

田中さん、いつもお世話になります

ご縁に感謝です!!