DJ chefの工務店日記

元コックの工務店マンの日々をBroadcast

いい音楽体験をしよう

友達の村上彩乃ちゃんがFacebookで紹介してくれていた

『2017年に国民的ヒットが出なかった理由と2018年に起こること』

という「現代ビジネス編集部」の記事がおもしろい

去年の音楽シーンを引き合いに出しつつ、今年の音楽シーンを占うスタイルで元号も変わるこれからに思いを馳せている

どこを切っても、いろんな思いが湧き上がるんだけど、3ページ目の『90年代リバイバルの功罪』の中から、少し長いけど引用します
『柴 僕も90年代に青春時代を過ごした人間ですけど、安易なリバイバルには警鐘を鳴らしたい気持ちはありますね。
宇野 これもちょっと、日本と海外を同一線上では語れないと思うんだよね。
アメリカやイギリスでは、スミスでもキュアーでもニルヴァーナでもいいけれど、80年代や90年代のポップカルチャーが基礎教養のように多くの人から共有されているじゃない? ちゃんと若い人の間でも聴かれ続けてきたし。
でも、結局、日本だとサブカルの狭い世界の話に終わっちゃいがちで。そこを渡るのは、なかなか危うい橋だと思う。』

実にその通りで、この件は日本ではまだ本格的なミュージックシーンが確立されてないことを象徴しています
つまり、音楽はまだ残念ながら、単なる消費財でしかない
もっと身近にいい音楽体験があればいいのに、と思います

いや、あるんだけど、選択肢として選ばれていないというぼくの話に村上彩乃ちゃんは

f:id:osmh74:20180117133918j:image

と言う

僕はそんなに難しくないと思っていて

きっかけはなんでもいいけど、音源はちゃんと購入するとか、パッケージで購入すれば歌詞カードの後ろにはメインアーティスト以外のバンドやサポートメンバーの情報もあるし、プロデューサーの名前も出てる

ずっと見てれば、好きな音楽には傾向があるから「あ!」同じミュージシャンだ!プロデューサーだ!となってつながりみたいなものが見えてくると楽しい
もちろんライブに参加することもアーティスト活動の応援になるし、フェスに参加すれば、名前だけは知ってるアーティストの良さに気づくこともある


そして音楽と密接に関わってると、(おおげさにいうと)人生にちょっとつかれた時に、そっと助けてくれたりすることがある
単純なフレーズが、メロディやビートにのることで深く刺さる、そして新しい気持ちや考えば芽生えることがある
そういう体験を音楽はもたらしてくれる、というのを多くの人に経験してほしいものです

 f:id:osmh74:20180117160314j:image

ということで、昨日はZepp Tokyoに行ってきました

20年前のライブのフィルムコンサートです
アーティストは佐野元春
1994年デビュー以来のハウスバンドを解散し、ネクストステージへの宣言をしながら、当時のミュージックシーンの売れ筋の対極をルーツに持つミュージシャンを引き連れてアメリカ・ウッドストック
彼の地で連日レコーディングスタジオに訪れるレジェンドたちとセッションを繰り返しながらアルバムを作り、プロモーションツアーをしました
そのアルバム製作ドキュメンタリーとツアーファイナルの映像をZepp Tokyoで見届けてきた次第です
今の気分は…
Music makes timeless atmosphere!
いい音楽は時空を超えて、孤独を救う
そんな感じ

1997/10/18アルマジロ日和(アルバム'BARN'曲のみを演奏するプレツアー)

1998/3/29'BARN' TOUR FINAL@大阪城ホール(アルバムツアーファイナル)
そして昨日2017/1/16再現フィルム(1998/3/29'BARN' TOUR FINAL@大阪城ホールのライブフィルム)
20年の時を超えて、そのすべてを目の当たりにすることができたこと
そしてそのすべてを竹馬の友と共にできたこと、ほんとうに嬉しく、楽しい時間でした!

音楽は時空を超える

時空を超える音楽を選ぶ

f:id:osmh74:20180119143347j:plain

 僕が佐野元春の音楽に触れたのはおそらく小学生時代の'SOMEDAY'(1981年発売なので、僕は当時7歳)だったと思う

そして1989年発売のアルバム'ナポレオンフィッシュと泳ぐ日'のCDを入手した時から、僕のフェイバリットアーティストで居続けてくれている

f:id:osmh74:20180119144459j:plain

いい時も、そうじゃない時もそばにあって、時に導かれ、時に寄り添って、時に思い出して、時にはしゃいで

そんな音楽と出会えたこと、心から嬉しく思う

多くの人にとって、そんな音楽体験があって欲しいし

そんな状況が当たり前になった時、日本の音楽シーンも『ポップカルチャーが基礎教養のように多くの人から共有されている』状態といえるのだろうと思う

これからもいい音楽体験をしよう

f:id:osmh74:20180119150053j:plain

で、現在発売中のライブチケット情報♪
(画像クリックでSOONERS広報担当:ガジャG(Per)のFBページにジャンプ)

f:id:osmh74:20180119150124j:plain

SOONERSはアコースティックギターカホンの2マンで、身の回りの日常から子供たちの未来や夢まで、幅広く魅力的なメロディ、演奏、歌声がハーモニーする兄弟ユニットです

最初の出会いは青葉台の音楽番長こと新谷さん率いる「セミチャームドライフアソシエイツ」プロデュースの「青葉台BGM」でした

f:id:osmh74:20180119160747j:plain

富士ソーラーハウスの前で数曲奏でてくれました

ほんの5曲くらいだったけど、とても響く音楽、そしてミュージシャンの2人の人柄も素晴らしいコンビでした

このときをきっかけに彼らのライブに数度足を運び、この次の「青葉台BGM」では、富士ソーラーハウスの駐車場にステージを組み、4組のアーティストがフェス形式で青葉台商店街に音楽を届けてくれました

 

「音楽は力、今君は、それを手にしている」
これは1992年TDKのカセットテープのCM
佐野元春のフレーズだけど
それは今も変わらないか、不安定な時代の今だからこそ、価値ある音楽は救いから共通言語へ
世代ごとに、個人によって、与えられてる居場所によって受け止め方が変わったとしても、力としてますます存在感は増してるんじゃないだろうか
音楽は文化であり、彼らはたまたまだけど、僕らが暮らすこのエリアを活動拠点とし、家庭を営み、ミュージシャンとして生きるリアリティを抱える
そして彼らのライブにはいつも親や子供たちといった世代を超えたサポートがあって、彼らはそれをとても大事にしています
とても今らしくもあり、これからの音楽のあるべき姿を体現してると思う
そしてそこに未来が宿っている

さぁ、一緒にいい音楽体験しようよ 

 

 

 

 

 

 

「志乃ぶ」(早稲田)おでん 懐かしの味を

かれこれ23,4年・・・

早稲田大学そばにあるおでん屋「志乃ぶ」

この日は勝手知ったる仲(Thngs.YANAKAメンバー)とはいえ、打ち合わせが21時からというとんでもない時間設定で、打ち合わせメンバー3人のうち僕を含む2人はその時間まで手持ち無沙汰・・・

設計の大坂さんも17時から打ち合わせで2時間くらいで終わってしまうと連絡が入る

 f:id:osmh74:20180115002424j:image

というわけで、僕も行きたいけど、きっかけをさぐっていた「志乃ぶ」に行ける!

しめさば、めそこ、つけものにビールで乾杯 

f:id:osmh74:20180114233354j:image

おでんは大根、がんも、つみれ
さらに豆腐、たこをいただいて

f:id:osmh74:20180114233421j:image

おでんになればここには樽酒があります!  

f:id:osmh74:20180114233437j:image

実に美味しい・・・

最後は定番の煮麺で〆 

大坂さんにも喜んでもらえて大満足!

まーまー酔っ払ってから早稲田から千駄木に移動して、また飲みながら軽く打ち合わせという名の新年顔合わせの会になりましたとさ(笑)

f:id:osmh74:20180114233459j:image

 

 

 

2018初ライブ参戦 へなちょこ弾き語り「宮原良仕子ライブ」@溝ノ口劇場

24時間楽器演奏可能で話題のミュージション(ミュージック+マンション)が溝の口にやってきましたので|ω・)チラリズム!

昨年12月には地下に「溝ノ口劇場」なるライブや演劇ができるホールもオープンしました

f:id:osmh74:20180114235112j:plain

f:id:osmh74:20180114235139j:plain

 

f:id:osmh74:20180114235204j:plain

今日はここに僕の残業の恋人こと福岡のYouTuberへなちょこ弾き語り宮原良仕子さんがやってきてくれました!

宮原さんはオリジナル曲もありますが、カバーが素晴らしく、オリジナルに独自の解釈を加えて宮原流の楽曲に仕上げてきます

カバーする曲は宮原さんの大好きな曲ばかり、ということで楽曲への愛を感じます

そして癒しのヒーリングボイスが残業でささくれた心を癒してくれるのです(笑)

今回のライブもあまりのヒーリング効果に何度も寝落ちしかけてしまいました・・・

f:id:osmh74:20180114235215j:plain

ゲストミュージシャンとして大阪から陽月メグミさんが登場

演奏も歌声も素晴らしく、これから注目のアーティストだと思います

彼女のユーチューブもσ`・ω・´)σチェケラッチョですね

f:id:osmh74:20180114235228j:plain

f:id:osmh74:20180114235242j:plain

陽月さんが福岡で宮原さんとジョイントライブをした際にYouTubeにUPされたユーミンの「あの日に帰りたい」をこの日は演奏してくれました

お2人のボーカルコミュニケーションがとても気持ち良く、ライブならではの良さを体感できました

そしてふたたび宮原さんのソロパート

f:id:osmh74:20180114235253j:plain

アンコールでは宮原さんソロで新年らしくユーミンの「Anniversary」
そして陽月さんと一緒に中島みゆきの「糸」で幕を閉じました

 

f:id:osmh74:20180114235305j:plain

2018初ライブは癒しの音楽体験で幕を開けました

今年もいろんなライブに参加して感動したいと思います

f:id:osmh74:20180115090123j:image

音源ゲット!

握手もしてもらっちゃいました

今年も新しいミュージシャンとの出会いも楽しみです

 

NENGO新年会に参加してきました

f:id:osmh74:20180114091625j:image

川崎日進町に新しくできた「unico」 さんを|。・ω・)ジックリズム!

ポーターズペイントで有名なNENGOさんの仕掛け 

入居してるVUILDさんのNCルーターの能力をフルに活かした空間づくりが日進町というドヤ街を抱えた町のオセロをひっくり返す肝になっていました

大工技能の何をコンピューティングするかが問われるモンスターマシン

f:id:osmh74:20180114091747j:image

大工修行で培われる教科書にならない現場のノウハウみたいなものは必ず必要になると思いますが、データ化できる作業はこうした機械に任せて、人間は経験のある大工にしかできない仕事に集中する時代になるのでしょう

f:id:osmh74:20180114091852j:image 

NCルーターを使った家具、空間作りでビルをフルリノベしていて、シェアオフィス、ブース貸し、バスケットコート、鍼灸院、卓球バー、バーなどが併設された複合施設になっていました

新年会らしく2階の卓球バーでお酒もいただきながら、新しい知り合いがたくさんできたのも収穫でした

f:id:osmh74:20180114093412j:image

[unico]から歩くこと3分

日進町のいわゆるドヤ街の簡易宿泊所が立ち並ぶエリアです

その中の一棟をNENGOさんが買い上げて旅館業を始めたとのこと

こちらも見学させていただきました

旅館の名前は[日進月歩]

迫力のある町での意欲的な取組

[unico][日進月歩]で結んだ線に第3の拠点を置いて面を形成することで、日進町の真っ黒に塗られたオセロをひっくり返してやろうという意気込みを感じました

もしかしたら日進月歩に泊めてもらえるかもしれないので、その時はまたレポートしたいと思います

f:id:osmh74:20180114093357j:image

ドヤ街らしいこの看板をFacebookにあげてみると

f:id:osmh74:20180114093558j:image

f:id:osmh74:20180114093610j:image

知る人ぞ汁ウィンこと急行が止まらない駅藤が丘のスーパースター外山時計店の外山さんが絡んできてくれたので、外山さんのネタをパクったところ、あざみ野のバークエルクスのマスター涼ちゃんからの渋いツッコミも入っていい感じだったので載せておきますね

f:id:osmh74:20180114092814j:image

帰り道まだ時間が早かったので、名匠家メンバーで懇意にしているあすなろ建築工房の関尾社長行きつけの焼肉屋で一杯やりました

こちらもまたなんともディープなお店でした

色々ここでは書けないこともありますので、興味がある方、行ってみたい方は大澤まで直接声をかけてくださいね!

 

 

 

Things.YANAKA ものがたり01

f:id:osmh74:20180114173727j:image

昨日はThings.YANAKAチームのミーティングでした

まだオープンにできませんが、今年も一丁やってやろうじゃないの!という顔です(笑)

 

日曜日は少し昨年の仕事を振り返る日にしようかと思います

Things.YANAKAは「不動産オーナー」がいて「仲介不動産」がいて「設計」がいて「施工」がいて、この4人は以前も同じメンバーである事業系の不動産の仕掛けをする予定だったんだけど、「借り手」サイドの都合で話は不調に終わっていました

そんなことがあってしばらくの間がありました

そして谷中銀座のど真ん中に小さな店舗の空きがでたのです

それを「仲介不動産」がみずから借り上げ、事業計画を立て、「不動産オーナー」のご協力を得て、このプロジェクトが動き始めました

キックオフのタイミングで「不動産オーナー」から「君たち(仲介不動産、設計、施工)と一件やりたかったんだよ!」というありがたい言葉を頂戴し、人の縁を大切にされる姿勢に胸が熱くなりました

実に人たらしな大家さんであります(笑)

f:id:osmh74:20180114173210j:plain

この真ん中のドアが中途半端に開いた建物こそ、後の[Things.YANAKA]です

 着工前の1Fの様子

f:id:osmh74:20180114172126j:plain

f:id:osmh74:20180114172132j:plain

同じく2Fの様子

f:id:osmh74:20180114172136j:plain

f:id:osmh74:20180114172139j:plain

内壁をすべて落として柱の傾きを見ると
床と天井で25ミリも傾いています
残念ながら傾きは直せないので、いい意味でゴマカシて…
そんなところも大工さんの腕の見せどころです

f:id:osmh74:20180114172217j:plain

f:id:osmh74:20180114172223j:plain

小さいけど吹き抜けを新たに設けました

f:id:osmh74:20180114172232j:plain

Things.には2階があるんです!

谷中銀座を2階から眺められるのはThings.だけ!

f:id:osmh74:20180114172603j:plain

灼熱の塗り壁ワークショップ

みんなで青春の汗を流しました

f:id:osmh74:20180114173222j:plain

f:id:osmh74:20180114173230j:plain

次回は4人のプレイヤーたちを紹介していこうと思います

桜台ビレジ界隈のご縁巡り

桜台ラーメン246亭
今週のスペシャルはなんと秋刀魚出汁!
スープを一口いただけば、たしかにっ!そこに秋刀魚がいます
アニマルフリーの優しさに包まれつつも、秋刀魚の美味しくもしっかりとした出汁に支えられた美味しいラーメンでした
本日、ご次男さんの結婚式にて246亭は臨時休業!
お気をつけくださいね、

f:id:osmh74:20180113184134j:image

246亭からメイプルに寄ってシュークリームを買い込んで向かうのは家具の「ウッディハート」さん

f:id:osmh74:20180113184503j:image

おっと、そこには桜台ビレジの「ethnica」田原さんに桜台商店会長の目黒さんも!

シュークリーム4個買っといてよかったー(。>ω<。)

美味しいコーヒーも淹れてくれて、ご馳走になりつつ、新年のご挨拶と町の未来を井戸端会議

今年は設計提案にウッディハートの家具を盛り込んでいく予定♪

新たなコラボが楽しみです!

 

帰り際桜台ビレジが騒然としています

f:id:osmh74:20180113184954j:image

向かいの駐車場から出てきた車がアクセル、ブレーキ踏み間違えて突っ込んでしまったとのこと

怪我人がいなくてよかったー

それにしても桜台ビレジにとっては災難でした

内井昭蔵設計のデビュー作にして名作、「桜台ビレジ」は青葉台商店街の中でも大切な存在です

元どおりに直してもらいたいですね

今日も地元の人たちといい話ができました

青葉台はどんどんいい町になりますよー!!

自分たちの手で♪

 富士ソーラーハウスも本業を通じて、青葉台の町なみを美しくするべく頑張ります

 

NPO法人パノラマとアオバ住宅社と桜台ビレジと

田奈高校ぴっかりカフェを運営する「NPO法人パノラマ」は桜台ビレジのコリドールに入居しています

元々ビレジに部屋を持っていた「アオバ住宅社」の齋藤さんとは、齋藤さんが主宰するキッズクラブ「たけのこぐみ」の活動支援でご縁がありました

青葉区民祭出展ブースの製作をしたり

f:id:osmh74:20180113182559j:image

夏休みの子供工作教室でスマートボール作りの講師役をさせていただいたり

f:id:osmh74:20180113182653j:image

 そんなアオバ住宅社さんがビレジの部屋を手放し、コリドールに移ろうというタイミングで、田奈高校に出入りしているにも関わらず、青葉台に拠点がなかったNPOパノラマさんをご紹介しました

斎藤さんはただの不動産業に留まらず、部屋の清掃を就業支援という形で行なってたりしているのを知っていたので、パノラマさんとの相性も良いと思ってのお引き合わせでした

結果はもちろんバッチリ!

今ではコリドールの一室をシェアしてお互いのイベントにお互いが参加して喜びを分かち合う関係にまで発展しています

紹介者冥利につきますね

f:id:osmh74:20180113183146j:image

 事務所開きの時の様子です

はしっこに僕も(笑)

 

実はこの一室天井からの漏水があり、床がくさっていました 

f:id:osmh74:20180113173247j:plain

f:id:osmh74:20180113173259j:plain

雨漏りが止まってから、床に8センチの断熱材を敷き込んで、仕上げは杉の30ミリの厚板を張って仕上げました

コンクリートからの冷えをかなり軽減できてると思います

子供たちも集まる日もあり、床座でもおしりに優しい仕様といたしました(笑)

f:id:osmh74:20180113173352j:plain