DJ chefの工務店日記

元コックの工務店マンの日々をBroadcast

年に一度のお楽しみ・・・燕子花と燕子花図

 

f:id:osmh74:20170510195055j:plain

根津美術館に行ってきました

お目当はもちろん尾形光琳「燕子花図屏風」とお庭の燕子花

この時期だけ本物の燕子花と「燕子花図屏風」を同時に見ることができます

f:id:osmh74:20170510195648j:plain

f:id:osmh74:20170510195657j:plain

f:id:osmh74:20170510195702j:plain

ふっくらと見事に咲き誇る燕子花を見ることができました

根津美術館の庭木の樹齢はいかほどか・・・

とてつもなく大きく育ったもみじやイヌシデなど、雑木の庭の主役たちがこれほどの巨木になるとは・・・という感じでした

また最近ハマっている庭木の手入れ=剪定のハサミの入れかたなども興味深く飽きることなく見てきました(超個人的幸せw)

 

この日のもう一つのお目当、イブニングレクチャー「燕子花図と夏秋渓流図」では美術館員さんによる解説を聞くことができました

生きたレクチャーを聞くことで、俵屋宗達酒井抱一円山応挙歌川広重、谷文晁といった日本史の授業で耳にした名前が記号から生き生きとした画人としての個性や時代背景、生まれや発展の流れなど、あらためて興味をそそられる内容でした

そして初めて見る鈴木其一の「夏秋渓流図」もレクチャーを受けた後に見てみると、実に不思議な絵であることがよく分かります

檜林を流れる渓流の風景を描いているのですが、スケール感がとても不思議なのです

一番大きなはずの渓流の流れはとても丁寧に描かれているのですが、周りに生えている檜の方がとても大きく、渓流の流れがとても小さく描かれています

渓流と檜で狂わされたスケールそのままに、周辺に生える下草である百合や熊笹などは圧倒的に大きく描かれていて、現実の川辺にこんなに巨大な熊笹が生えていたら・・・と考えるとなんともシュールで思わず笑いがこぼれてしまうほどです

そして全体を蝕むように苔はいずれあたりを覆い尽くさんばかりの勢いを感じ、化政文化期から天保の大飢饉大塩平八郎の乱などが起きた世の中を反映しているようにも感じた次第です

それに比べると国宝「燕子花図」は元禄文化の華やかさそのままに金屏風に群青と緑青という当時でも高価な塗料をふんだんに使用し、燕子花の花弁の裏表、葉の裏表をそれぞれ群青と緑青の濃淡、合計4色で描き分けています

本来周囲にあったであろう池や木々や下草を一切排しているにも関わらず、そうした周辺の動きを感じさせる燕子花の配置が見事です

そして、描かれた花のふっくらした有様はひとつひとつ見ていても飽きることがありませんでした

本物の力強さは建築も絵画も実物を見るまではわからないものですね

圧倒されました

f:id:osmh74:20170510202633j:plain

f:id:osmh74:20170510202638j:plain

季節ごとに楽しめるお庭の奥にある「天神の飛梅祠」の裏側、木々の向こうに見えるのはアントニン・レーモンド設計のカニンガム邸です

カニンガム邸にお邪魔した時にも、根津庭園を借景として設計されたという話を聞きました

建築とはこうありたいものですね

コマデリさんとバッテリーノオウチ

 

f:id:osmh74:20170510181147j:plain

コマデリさんは毎週月曜から金曜までかわいいキッチンカーに乗って、青葉区のどこかで美味しいランチを振舞っています

コマデリさんのベースは地域メディア「森ノオト」と同じ「森ノオウチ」にあります

f:id:osmh74:20170510182802j:plain

「森ノオト」さんの「森ノオウチ」ではこれまで「断熱DIY-内窓を作ろう」の上級編と初級編を2回、それからイベントテントのための「草屋根の小屋作り」をさせていただいたり、何かとご縁のある場所です
写真は上級編の木の断熱内窓の様子

f:id:osmh74:20170510184222j:plain

今では、毎週金曜日は富士ソーラーハウスの駐車場にやってきてくれて、うちのスタッフたちもコマデリさんのランチが大好き!

f:id:osmh74:20170510181221j:plain

コマデリ名代の「塩豚ランチ」

塩麹漬けにした豚の旨味がなんとも言えないコマデリさんのベストセラー

何回食べても飽きません

f:id:osmh74:20170510181231j:plain

塩豚にベジカレーの定番+週替わりがあるのも嬉しいところ

この日はナスと玉ねぎと塩豚の中華風炒め、スープも毎週ちがう味が楽しめます

スープだけお代わりしちゃうこともあるくらい美味しいんですよ!

 

そんな美味しいコマデリランチを支えてくれている野彩家佐藤農園さんをコマデリさんにご紹介いただき、これからはじまる『フジソラ食堂』@Rin5Lifeで使わせていただすことになったのです!

地域のご縁てほんとうに素晴らしくてありがたいですねー!

 

 

そんなコマデリさんからのご相談・・・

「雨の日にバッテリーを濡らしたく無いんだけど、何かいい方法無い?」

「任せとけっ!」ってんで作ったのがこちら!

f:id:osmh74:20170510181204j:plain

ヒノキで簡単な櫓を組んでベニヤを乗せて片流れの家型にしたバッテリーノオウチ

バッテリーだってお家が欲しい・・・(。>ω<。)ナンチャッテー

f:id:osmh74:20170510181214j:plain

今ではこんな具合に雨の日もバッテリーは濡れることなく安全、安心にコマデリランチをお届けできるのでした

ちょっとでもお力になれると嬉しいものですね

 

プチやってみ隊 バッテリーノオウチ 設計・施工:DJ chef a.k.a.親分♡

f:id:osmh74:20170510181221j:plain

f:id:osmh74:20170510181231j:plain

佐藤農園さんの野菜でまかない『フジソラ食堂』

f:id:osmh74:20170510133742j:image

まずはご覧くださいこの素晴らしいフェンネルを!!!

瑞々しいですねー、美しいですねー!

香りも素晴らしくたまらない気分になります
こちらのフェンネルはいつもかわいいキッチンカーで毎週金曜日に美味しいランチをfsh駐車場で提供してくれている #コマデリ さんのご紹介でご縁をいただきました♪

f:id:osmh74:20170510161314j:plain

地元で旬の野菜を育てて直売してくれている #野彩家 佐藤農園さん

5月から始まるフジソラコラボ『フジソラ食堂』@Rin5Lifeさんでも佐藤農園さんの旬の野菜をご提供いただけることになりましたー٩(。•ω•。)وワイワイ

地元のネットワークで地元のお店でお料理させていただく機会をいただけるなんてほんとに幸せ!

コマデリさんやフジソラコラボ『フジソラ食堂』については、またあらためて・・・ 

今日は佐藤農園さんでいただいたフェンネルをメインにしたパスタをまかない『フジソラ食堂』しました

f:id:osmh74:20170510133746j:image

細切りにした鶏胸肉とざく切りのフェンネルに塩コショウとオリーブオイル、にんにくでマリネしておきます

フライパンにオリーブオイル、にんにくの荒みじん切り、軽く熱して香りが出たら、たまねぎ、フェンネルの茎をさっと炒めて、さきほどのマリネしたネタを投入

全体がなじんだらお湯を注いで全体に火を通します

茹で上がったパスタを投入し、しっかり和えたら、塩味やスープの量を調整しつつ、盛り付けたところで、軽くコショウとフェンネルの葉をあしらって完成!

イタリアの爽やかな風が口の中を通り抜けていくようなパスタに仕上がりました
#富士ソーラーハウス  #まかない 
レシピ・調理 DJ chef オオサワマサハル

『やってみ隊!』DJ chef a.k.a.親分♡iPhone充電器スタンドスピーカー作ったどーの巻

f:id:osmh74:20170509134648j:plain

ある日のこと、作業場で棚板を木取っていました

現場が終わるといろんな残材が作業場に帰ってきます

次の現場に出番を待つ材料もあれば、寸法が微妙でなかなか使われない材料もあります

f:id:osmh74:20170509131918j:imagef:id:osmh74:20170509131951j:image

そんな中から15mmのラワンベニヤを引っ張り出して、ネットで見たi-phone充電スタンドスピーカーを作ってやろうと思い立ったのが運のつき・・・

「音道」なんぞも作ってやろうとか・・・f:id:osmh74:20170509132027j:image

ただでざえ部材が小さくて加工が大変なのに・・・

後ろから充電コードをさしてやると、充電しながらスピーカーとして使えるだろうと・・・f:id:osmh74:20170509132053j:imagef:id:osmh74:20170509132112j:image

施工時間=約3時間

材料費はタダみたいなもんだけど、量産はできないなー

ま、これも子供が喜ぶならいっか、ってことでw

 

後日、塗装するときに思い出したのが、子供の頃に住んでいた家のこと

あの頃の造作材といえばみんなラワンで、水性ステインに油性ニスで仕上げる、というものでした

ベニヤとはいえ、ラワンはラワン、今回はその仕上げを採用しました

特にニスは5回ほど塗ってはペーパーを当てたので、トロリとした表情が出まして、思わず僕も(*´ω`*)ウットリ・・・

f:id:osmh74:20170509134648j:plain

音質云々は抜きにして、楽しくやり遂げられたので、ま、いっかー(*´∀`*)

iPhone充電器スタンドスピーカー 設計・施工:DJ chef a.k.a.親分♡

『やってみ隊!』DJ chef a.k.a.親分♡草屋根の小屋作ったどーの巻

f:id:osmh74:20170504163537j:plain

最近ウェブサイトもリニューアルして、さらに地元に輪をひろげつつある「森ノオト」さん

その本部は青葉区民の癒しすぽっと寺家町のとなり、鴨志田町にあります

そのなも「森ノオウチ」

The 昭和な見てくれもイケてる中古民家をDIYで少しずつ快適にするお手伝いをさせてもらっています

今回のオーダーは「物置」!!!

中古民家の脇でブルーシートのくるまれているテントたちにも収納を・・・というご依頼です

 

ま、そんなこと言ったってワッチは大工じゃないし、でも頼まれたら断れない性格だしぃ・・・
「やりましょう!」

まずは現場調査

大きめの石がたくさんあるね!

これを基礎の代わりにして、地面直置きのリスクを回避しましょう

あと物置を置く場所には窓があるので、必然的に高さも決定!

あとは幅はテントがちゃんと入らないといけないけど、仕上がりのプロポーションも気になるところ・・・

ということで、設計を固めます

 

施工当日・・・

f:id:osmh74:20170504163925j:plain

並べた石に束を立てて、水平器でもって四周の水平を確保しました

続いて床を支える根太をかけてやって・・・

f:id:osmh74:20170504164028j:plain

床合板を敷いたら、柱を立てます(大工じゃないからね・・・)

f:id:osmh74:20170504164244j:plain

柱には勾配をつけてあって、柱の間に登り梁を掛け、垂木を流しました
柱に斜めに取り付いてるのは柱の垂直を確保するための仮筋交

この辺は在来工法の建方そのまんま(気分は大工です)

f:id:osmh74:20170504164345j:plain

屋根下地となる野地板を敷いてやれば、緩勾配のかわいい小屋の形が現れて、我ながらちょっと興奮!!

f:id:osmh74:20170504164515j:plain

スペース有効活用のちょっとしたロフトをご用意して・・・

f:id:osmh74:20170504164538j:plain

テントくんたちをお招きしました

心なしかテントくんたちも喜んでいるかのようです(╹◡╹)(んなわけねーよw)

初日の作業はここまで・・・

f:id:osmh74:20170504164538j:plain

2日目は屋根に強力な防水紙を張って・・・

土の流れ止めの金具も接着します(釘で留めない漏水対策)

f:id:osmh74:20170504164821j:plain

こんな感じ

そしてこの金物に・・・

f:id:osmh74:20170504164837j:plain

流れ留めの竹をくくりつけてやって、土を入れました

草がなかったので、雑草をほんのりあしらってみたりして・・・

最後に・・・

f:id:osmh74:20170504165013j:plain雨対策のベニヤの建具を用意して、完成ーヽ(。・ω・。)ノパッ☆

建具は引っ掛けてあるだけで、足元はロープで結わえる原始的な納め方

でも、それがいいんだなぁ(*´∀`*)

 

夢の小屋作りの第一歩として、ちょうどいい課題を与えてくれた森ノオトさんに感謝!!

まどかさん、あっこさんいつもありがとー٩(。•ω•。)وこれからもよろしくね!

草屋根の小屋づくり 設計・施工:DJ chef a.k.a.親分♡

 

あの日のスプーンを持ち寄って・・・

「2015年3月11日14時47分をつくりながら、つながる時間にしてみませんか?」

そんな問いかけに反応して集まったメンバーに

「あの日のスプーンを持ち寄って・・・」と声をかけてみました

2015年3月11日ワークショップ開始の様子

f:id:osmh74:20170415113254j:plain

巨匠miyazono spoon宮薗なつみ先生による木のスプーンづくりワークショップです

レクチャーを受け、スプーンを一心不乱に削り出しながらポツリポツリと会話をしながら14時47分を迎え、みんなで黙祷しました

3.11のその時のこと、それからのことを話し合う内に自然と涙がこぼれるような体験をしました

あれから2年

それぞれが人生の転機を迎えたり、引越しをしたりしながら成長をしてきました

ちなみに僕のあの日のスプーンとそれから買ったちょっといい削り出し

f:id:osmh74:20170415114249j:plain

全員集合は叶わなかったけど、お花見を言い訳に我が家に遊びにきてくれました

f:id:osmh74:20170415114510j:plain

持ち寄りのおみやげやお酒にご用意したアンティパスト

f:id:osmh74:20170415114616j:plain

f:id:osmh74:20170415114625j:plain

photo by 村上彩乃

春菊の生ハム巻きやいぶりがっこクリームチーズは未体験の人にも好評♪

富山館におつとめのおねーさんからは美味しい蒲鉾の差し入れをいただきました

ビール!日本酒!ワイン!お酒が進みます

近所で仕事をしている新井アトリエ新井さんも遊びに来て、みんなに紹介しました

新たな出会いも増えて、楽しい時間です

f:id:osmh74:20170415114941j:plain

photo by 村上彩乃

春はボンゴレ

あさりの美味みたっぷりの一皿

f:id:osmh74:20170415115031j:plain

photo by 村上彩乃

庭で採れたローズマリーでマリネした鶏と玉ねぎとアスパラのディアボラ

ローズマリーとニンニクの風味がクセになる、お酒も進む一皿

写真はないけどカジキマグロのレモンバター風味は初夏の味

日本酒、白ワインにぴったりです

f:id:osmh74:20170415115312j:plain

photo by 村上彩乃

最後はお花見にちなんでサーモンとブロッコリーのパスタ

サーモンのピンクを桜の花びらに見立ててみました

16時には飲み始めて、気がつけば22時を過ぎていました

これからも素敵な関係が続きそうなこのメンバーで、またスプーンを作りたいね、と話してお別れしました

f:id:osmh74:20170415115841j:plain

渡航先でワインボトルとワイングラスを両手にビッグスマイルの巨匠w

みんなで巨匠の巨笑に会いに行きましょう!

そしてまた3.11のことを振り返り、それからのことを語り合いましょうね

『やってみ隊!』DJ chef a.k.a.親分♡コルクタイル張ったってよの巻

f:id:osmh74:20170407015822j:plain

マイフレンドかおちゃんが熱海に移住を決めた

昨年半年にわたって講師+監督として関わった中古の平屋を「それゆけエコ化DIY」したとき、全6回中3回お手伝いに来てくれたのだ

f:id:osmh74:20170408011914j:plain

そのお礼というわけではないけど、これは手伝いにいかなくては!

ということで移住先の熱海へ

与えられたミッションは廊下・洗面・トイレのコルクタイル張り

f:id:osmh74:20170408013646j:plain

かっこいいコルクタイルの張り方を説明中

f:id:osmh74:20170408013654j:plain

部屋をまたいでも、コルクタイルの目地が合うようにお願いしますよー(*`・ω・´)ノ

洗面チーム、廊下チームにそれぞれお仕事お願いして、僕は一番難しいトイレのコルクタイル張に挑みました

偉そうなことを言ってもやり方を知っているというだけで、実際に張るのははじめてのこと・・・

背中に「おやぶん」なんて張られてしまったし、これは頑張るしかないー!(心細いよー>_<)

特に便器のカーブに合わせてコルクタイルをカットするのが最大の難関・・・

f:id:osmh74:20170408013707j:plain

それでもどうにか2畳のトイレのコルクタイルを張り終えましたぞ!

f:id:osmh74:20170408013714j:plain

f:id:osmh74:20170408015329j:plain

かおちゃんファミリーにも大喜びしてもらえて、頑張った甲斐があるってものです

コルクタイル張り 施工:DJ chef a.k.a.親分♡